開け方とタイプ|カフスやへそピアスでデコる|印象を変えるマジカルアイテム

カフスやへそピアスでデコる|印象を変えるマジカルアイテム

男の人

開け方とタイプ

おへそ

へそピアスの開け方と費用目安

ここ数年、クロップドTシャツなど短めのトップスがブームとなり、 それに伴いへそピアスの人気も高まってきました。 短めのトップスの下からチラリと覗くへそピアスが、とてもおしゃれな印象を与えます。 へそピアスは、自分でピアッサーなどを使用して開けることができます。 インターネットなどで数千円で手に入り、ひと押しで簡単に開けることができるため人気です。 しかし、自分でやるのは自信が無いという方も多いことでしょう。 その場合は皮膚科など、専門の医療機関を利用するのがお勧めです。 医療機関では主にニードルを使って丁寧に施してくれます。 おへその形を見極め、その人に合った場所にへそピアスを開けてくれる上、 アフターケア用に飲み薬や塗り薬を処方してくれますので、安心して利用ができます。 機関により異なりますが、相場は数千円〜一万円台です。

ピアスのタイプあれこれ

ファーストピアスはカーブのついたものを選ぶと良いでしょう。 へそピアスのホールは、完成まで約半年〜一年かかります。 その間はファーストピアスを付けたまま、消毒などのケアをして下さい。 ホールが完成したら、好きなピアスに付け替えるのも楽しいことでしょう。 ファーストピアスと似たカーブのついたタイプは、 付けやすい上に、飾り(ジュエル)が上についたものと下についたものとでバリエーション豊富です。 随分印象が異なりますので、好みのものに付け替えてみて下さい。 また、リングタイプも一味違ってお勧めです。 ホールが完成していれば、変形する心配も少ないようです。 チャームの付いたタイプは、付けると揺れて可愛いため人気があります。 どのタイプもインターネット販売だと、種類が豊富で安価なためお勧めです。